虫歯の原因や予防・改善・治療方法を解説します。

美容クリニックで行われる若返り施術ガイド » 歯が少なくなってきた

歯が少なくなってきた

大人になると虫歯ができてしまっていても実は気づきにくいだけ、と言うことがあるのです。痛みはないから歯医者へは行かないという方も多いかもしれませんが、放置しておくと歯が少なくなってしまうということにもなりかねませんので注意しましょう。綺麗な歯は良いイメージを与えてくれます。

Cause

虫歯の原因とは?

  • 原因1

    オーラルケアが不十分

    歯磨きがしっかり行われていないという方が多くいると言われています。20歳を過ぎる頃からは、歯ブラシだけではなく、歯と歯の隙間を意識することも大切です。歯間ブラシなどを使用していない、時間が短い、回数が少ないというような方も多く、適切な歯磨きを身につけることができていないことが虫歯の原因となります。

  • 原因2

    砂糖などの糖質の取りすぎ

    砂糖などの甘いものは、菌の栄養となるため、菌の増殖を手助けしてしまいます。飴をたくさんなめることもあまりおすすめできません。もしも甘いものを食べるのが習慣化してしまっている場合は、その食事を見直すようにしましょう。甘いものを控えないと、口の中が細菌の住みやすい場所となってしまい、虫歯に繋がります。

  • 原因3

    咀嚼量が少ない

    食事をする際に、あまり噛まずに食べてしまうということはありませんか。咀嚼量が少ないと、唾液の分泌が促進されません。虫歯を予防するためにも、唾液の分泌は大切なことです。加齢が進むと唾液の分泌も減りやすくなってしまいます。唾液が減ることによって虫歯になりやすくなってしまったり、細菌にエナメル質をとかされても治すことができなくなったりします。

Prevention

虫歯
予防・改善する方法とは?

睡眠前はいつもよりも入念にケアしましょう

歯を減らさないためには健康的な歯を保つことが大切です。大人になっても虫歯にはなるものですから、しっかりとセルフケアを行うことで虫歯を予防することができます。口の中で細菌が多くなると言われているのは睡眠中です。ですから、睡眠前には通常よりもしっかりとケアを行いましょう。

歯ブラシだけではなく、歯間ブラシなども使うことで、隙間のプラークもしっかり落とせます。歯ブラシだけではしっかりと汚れが落とせていないこともあるので、電動歯ブラシなどを使用するのも良いでしょう。また、朝起きたときも同様です。寝ている間に菌が増殖したと考えられるので、しっかりとケアをしましょう。

また、この細菌は糖質が大好きです。菌の栄養となってしまうので、あまり甘いものばかり食べないようにしましょう。

Treatment

虫歯
治療する方法とは?

専門的な知識の
ある医師に相談を

歯がこれ以上虫歯にならないようにしっかりとケアを行うことが大切です。1日の歯磨きは、毎回の食事の後と、就寝前、そして朝起きたときの5回です。

といっても、大人の虫歯は様々な種類があり、小さい頃に治療していたものが再発してしまったり、親知らずがあり磨きにくかったりして虫歯になるということがあります。虫歯に関しては、様々な歯磨き粉やマウスウォッシュ、ブラシ、フロスなどもありますが、定期的な点検をし、適切な治療を行ってもらうことが一番です。専門的なクリニックを受診し、自分の歯の状態を確認してもらうようにしましょう。歯を強くするために、フッ素を塗ってもらうというような方法での虫歯予防などもあります。

よく読まれている記事

Report