• 若返り施術ガイド
  • 価格帯別 美容法&美容外科カタログ
  • お悩み別・若返り事典
  • 種類別 アンチエイジング治療法一覧
  • 美容外科厳選リスト

種類別
アンチエイジング治療法一覧

ピーリング

ピーリングにはクリニックで行うケミカルピーリンクや自分でできるピーリングなど、いくつかの方法があります。
美しい肌を保つために、ピーリングでどのような美肌効果があるのかを調べてみました。

ピーリングによる若返り治療とは

最近シミやニキビ跡が目立つ、肌がくすんで老けて見える、シワやたるみのせいでファンデーションのノリが悪い、こんなときは肌に古い角質が溜まっていることが原因と考えられます。 正常な状態なら、古い角質がはがれ落ちて新しい角質に生まれ変わるターンオーバーという新陳代謝によって、古い角質は自然とはがれ落ちていきます。 しかし、加齢やその他の原因で、肌の新陳代謝であるターンオーバーが低下すると、古い角質は肌に蓄積されていきます。そんなお肌の状態を改善するのがピーリングです。 ピーリングには以下のような効果が期待できます。

「シミ・ニキビ跡」

できてしまうとなかなか消えないシミやニキビ跡は、メラニン色素の沈着が原因です。さらに紫外線を浴びてしまうと悪化し、治りにくくなってしまうので、定期的にピーリングでターンオーバーを促進しましょう。適切なケアをしてあげることで、薄くすることが可能です。 ターンオーバーを促進することで、お肌はどんどん生まれ変わります、ニキビ跡の改善にも効果的といえます。

「くすみ」

ターンオーバーがうまく行われないと、古い角質がいつまでも残って、肌の透明感を奪い、くすんで見えてしまいます。 この、くすみの原因をピーリングで取り除くことで、肌は明るい透明感を取り戻し肌の若返り効果が期待できます。

「シワ・たるみ」

肌年齢が出やすい目元や口元は、皮膚が薄く、よく動かす部位なので、乾燥しやすく小じわができやすいところです。 ピーリングで古い角質を取り除くことで肌が軟らかくなり、保湿成分が浸透しやすくなるので、小じわの改善効果がアップします。新しくきれいな肌の生成が促され、肌の若返り効果が期待できます。

「毛穴」

毛穴の黒ずみや開きの正体は、毛穴にある皮脂腺から分泌される皮脂と、肌に残った古い角質が混ざり合って毛穴に詰まったものです。 ピーリングを行い、古い角質を取り除いて、さらに毛穴が詰まるのを定期的に防ぐことで、毛穴の開きや黒ずみも改善していきます。

ピーリングのメリット・デメリット

ピーリング剤には、洗顔石けんや洗顔フォームにピーリング成分が含まれているタイプ、酸化粧水や美容液のようにジェルやクリームなどを肌に塗布して古い皮膚を取り去る(消しゴムのカスのようなポロポロしたものが出る)タイプなどがあります。他にもいろいろなものがありますが、肌の悩みのタイプごとに、お肌にあったピーリング剤を選んでください。

 
メリット
  • 市販品も多く販売されており選びやすい
  • 値段もさまざまなので、気軽試せる
  • 自宅で好きな時間にできる。
  • 病院で受けるピーリングの場合、即効性がある
デメリット
  • 間違ったやり方をすると、かえって肌を痛めてしまうことがある
  • 定期的に続ける必要がある
自宅でできるピーリングには簡単に入手できる塩やクエン酸、ヨーグルトを使った方法など、手軽にできるピーリングが色々あります。 また市販されているピーリング剤も、お試しサイズで1,000円~など様々です。
 

ピーリングの種類

ケミカルピーリング

価格帯:5,000円~10,000円

酸の力を利用して皮膚表面の角質細胞間の接着をゆるやかにし、角質層に蓄積された古い角質層を除去することで、新陳代謝(ターンオーバー)を促進する治療です。 ケミカルーリングはターンオーバーを促すので、シワ取りなど「若返り」のための施術などにも用いられますが、ニキビの治療にもよく用いられます。

メリット
  • 肌の活性化が促され若返りが期待できる
  • ニキビの予防にも繋がる
  • 肌の質感がすぐに良くなる
デメリット
  • ニキビや黒ずみ、小じわ、しみなどの治療には継続が必要
  • 治療後に紫外線対策を怠ると、シミや黒ずみを増やしてしまう可能性がある
  • 頭痛やめまいなどの副作用がでる可能性がある

カーボンピーリング

価格帯:約20,000円

開いてしまった毛穴の箇所に、医療用の超微粒子カーボンクリームを塗り込み、黒いカーボン粒子の色に反応させてレーザーを照射する治療法です。レーザーによってカーボン粒子が瞬時に蒸散するときに、余分な角質や、角栓、産毛などを除去します。その作用でコラーゲンの生成を促し、毛穴を引き締めお肌のハリが改善していきます。

メリット
  • 従来のレーザー治療と比べて、ダメージが少ない
  • ダウンタイムはほとんどなく、施術直後からメイクが可能
  • 痛みはほとんどありませんし
  • シミだけでなく、くすみや毛穴、ニキビ、小ジワにも効果あり
デメリット
  • 定期的な施術が必要
  • ある程度の施術回数をこなす必要がある

クリスタルピーリング

価格帯:5,000~12,000円

クリスタルピーリングは、酸化アルミニウム(アルミナ)という細かい粒子を皮膚に吹きかけ吸引することで、皮膚表面の古い角質を物理的に除去するピーリングです。 施術直後からファンデーションのノリが変わるのが実感できます。薬剤を一切使用しないので、敏感肌や乾燥肌の人でも比較的安心してできるピーリング方法です。

メリット
  • 痛みが少なくダウンタイムがない
  • 施術直後から肌質の改善効果が実感できる
  • アトピーの方や敏感肌でピーリングができなかった人にも施術可能
デメリット
  • 回数を重ねなくてはいけない
  • 深く削るわけではないのでクレーターなどが完全には平らにならない
  • 施術に痛みがともなう

ダイヤモンドピーリング

価格帯:8,000~20,000円

ダイヤモンドピーリングは金属のバーに蒸着されたダイヤモンドを皮膚に当ててカンナをかけるように皮膚の古い角質を削る治療です。聞くと大変なもののように感じるかもしれませんが、痛みは少なく、出血などはしません。 現在、エステサロンやクリニックで導入しているところが多く、痛みはなく、肌をなぞる感触のみで、ダメージが少ないので自宅用のピーリング機器も販売されているくらいです。

メリット
  • ダウンタイムがない
  • 肌質を問わず治療できる
  • 痛みが少ない
  • 皮膚質が柔らかくなるので肌がふっくらとして化粧のノリがよくなる
  • 老廃物を除去しコラーゲンの再生が促進される
  • くすみや黒ずみが解消
デメリット
  • 回数を重ねなくてはいけない
  • 治療後のお手入れなどで化粧水がしみる

グリコール酸ピーリング

価格帯:5,000~20,000円

すみの原因となる古い角質をピーリングで取り除くことで、肌が軟らかくなり、保湿成分が浸透しやすくなるので、明るい透明感を取り戻し、若返り効果が期待できます。グリコール酸は、皮膚への透過性に優れているため、皮膚科医による皮膚剥離の際に使われており、皺やニキビ、色素過剰などを改善する効果があるとされています。

メリット
  • ダウンタイムがない
  • 皮膚への刺激が少なくて保湿・美白作用がある
デメリット
  • 紫外線に対して弱くなることがある
  • 1回で十分な効果を得ることが難しい

サリチル酸ピーリング

価格帯:10,000~20,000円

酸性の薬剤を使い皮膚の表面を削ることで、肌細胞が活性化し、お肌のターンオーバーが促進され若返りが期待できます。 元々ニキビの治療として用いられていたのですが、シミやくすみをなくし、美白へと導く効果があります。

メリット
  • 化粧品よりも効果が高い
  • エイジングによる肌のトラブルに効果的
  • 見た目の変化を実感できる(口コミ評判が良い)
デメリット
  • 一度の治療では完治しない
  • 定期的に継続して行う必要がある
  • 一時的にニキビができる場合がある

乳酸ピーリング

価格帯:5,000~15,000円

天然乳酸を主成分とした医療機関専門のケミカルピーリング剤で、肌への刺激や負担が軽く、施術後の炎症などが少ないのが特徴です。従来のピーリングで赤みや腫れなどのダウンタイムが気になっていた方にも安心して受けていただけます。

メリット
  • 天然成分のため肌への刺激や負担がない
  • 治療後も炎症などをおこすことが少ない
  • 直後から肌のハリ感や明るさが実感できる
  • くすみの改善や小ジワ、ちりめんジワなどにも効果的
  • 美容液の浸透がよくなる
デメリット
  • 1度では効果が出にくい
  • 数回の通院が必要になる
  • 肌トラブルが出る場合がある
  • 紫外線の影響を受けやすくするため、UV対策が必須
  • 保湿など、念入りなスキンケアが必要

美容クリニックでのピーリングの効果

美容クリニックでは、薬剤を高濃度で用いることもでき、それぞれの肌状態や悩みに応じて、最も適正な方法でピーリングを行なってくれます。
肌の悩みを安全に確実な方法で改善したい方は、美容クリニックでピーリングを受けるようにしてください。
価格帯別美容法&美容外科カタログ

30代~50代の女性に聞きました! あなたのお肌悩みは?

おすすめ美容外科厳選リスト

ページ上部へ戻る