• 若返り施術ガイド
  • 価格帯別 美容法&美容外科カタログ
  • お悩み別・若返り事典
  • 種類別 アンチエイジング治療法一覧
  • 美容外科厳選リスト

種類別
アンチエイジング治療法一覧

ヒアルロン酸注入・PRP治療による
ほうれい線解消術

初心者に人気のヒアルロン酸注入・ボトックス注入から最新の治療法まで、若返り術としての注入法を紹介しています。ダウンタイムが少なく、効果もすぐに実感できるものが多い一方、持続期間が短いために継続的な治療が必要なものが多いようですね。

ヒアルロン酸やPRP治療など、
ほうれい線改善に役立つ若返り治療

見た目年齢を大きく引き上げてしまう肌のエイジング現象として、代表例のひとつに挙げられるのが「ほうれい線」です。原因は、頬の筋肉の衰えによる「たるみ」。若い頃はピンと張っていた筋肉や脂肪が垂れ下がるため、溝が深く目立ってくるというわけです。

ほうれい線は小鼻~口角のラインですが、似たような見た目のエイジング現象としては、目の下から頬へ斜めに走る「ゴルゴ線」や口角の両側が下垂する「マリオネット線」も同様に気になりますよね…。

これらはメイクによって隠すことが難しく、「溝にファンデーションが溜まり、粉吹き状態」となってしまいます。このため、悩みも深くなってしまいがち。美容クリニックでは、ほうれい線などのエイジング現象に対し、注入の治療メニューを用意しています。以下にその代表例を見ていきましょう。

ヒアルロン酸注入

価格帯:1万~10万円以上

若返り術のなかでも最もライトな治療法として人気を集めているのが、ヒアルロン酸注入。美容施術に使用されるのはスウェーデン産の「レスチレン」や「ジュビダーム」などが有名です。価格帯はクリニックや施術内容により差がありますが、これは予算とお悩みの度合いで決めると良いでしょう。そのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット
  • もともと人体に備わっている成分のため、安全性が高く、身体に自然に吸収される
  • 施術時間やダウンタイムが非常に短い
  • 効果実感が早い
  • 価格が比較的リーズナブル
デメリット
  • 効果の持続期間が短いため、定期的に注入する必要がある
  • 担当医により仕上がりに差が出る

ボトックス注入

価格帯:5,000~50,000円

ボトックスの成分は「ボツリヌス菌」の毒素から有害なものを取り除いたもので、筋肉の動きを制限する働きがあります。ボトックスでは表情筋の“動き”を制限するため、ほうれい線やたるみの改善が期待できるのです。施術料金は、注入する箇所や、製材・注射器の種類、技術料、品質の違いなどから大きく変動します。

メリット
  • 施術時間やダウンタイムが短い
  • 価格が比較的リーズナブル
デメリット
  • 効果が出るまでには、数日間かかる
  • 効果の持続期間が短いため、定期的に注入する必要がある
  • 担当医により仕上がりに差が出る

脂肪注入

価格帯:約200,000円~

自身の太ももやおしりなどの施術跡が気にならない部位から余分な脂肪を吸引し、希望部位に注入する方法です。多くのクリニックでは麻酔液や不純物を遠心分離させ、濃縮させてから注入するため、しこりや石灰化が起こる確率が低くなりました。費用内訳は、注入だけでなく脂肪採取量も必要なので、比較的高めとなる施術です。

メリット
  • 自身の脂肪なので、安全かつアレルギー反応の心配がない
  • 施術時間は30分程度で済むことが多い
  • 他の注入術に比べ、定着率が高い(50~60%)
デメリット
  • ダウンタイムが3日~1週間かかる
  • 費用が比較的高い

PRP治療

価格帯:10,000~300,000円程度

PRP治療とは、血液から「皮膚再生因子」を採取し、注入する治療法です。真皮の繊維芽細胞が活性化されるので、毛細血管の新生やコラーゲンの産生が促進。お肌にハリと弾力を取り戻すことのできる治療として近年注目されています。「皮膚再生因子」を採取するシステムの違いで、費用にも開きが生まれるそうです。

メリット
  • もともと人体に備わっている成分のため、安全性が高く、身体に自然に吸収される
  • 施術時間やダウンタイムが非常に短い
  • 価格が比較的リーズナブル
デメリット
  • 効果を実感するまでに、時間がかかる(1ヶ月程度)
  • 効果の持続期間が短いため、定期的に注入する必要がある
  • 担当医により仕上がりに差が出る

メソセラピー(脂肪溶解注射)

価格帯:10,000~50,000円程度

メソセラピー(脂肪溶解注射)は細かい要望に対応できるので、普通のダイエットでは難しい部分痩せや、今までのダイエットでどうしても痩せない部分、セルライトの気になる部分に効果的です。

メリット
  • 周りに気づかれず自然に痩せられる
  • ダウンタイムが軽い
  • 価格がリーズナブルで手軽
デメリット
  • 満足のいく効果が得られないといった場合もある
  • 担当医により仕上がりに差が出る

プラセンタ注入

価格帯:500~3,000円程度

お肌の弾力や潤いを取り戻したい方、体の中からきれいになりたい方、髪や肌のツヤを取り戻したい方、実はプラセンタは、エイジングケアや美容の成分として知られていますが、「自然治癒力」を増大させるので健康面でも多くの効果があるとされています。

メリット
  • 費用が安い
  • 高い美容効果が期待できる
デメリット
  • 効果を実感するまでに、時間がかかる(3ヶ月程度)
  • 静脈注射やカクテル点滴など、認可されていない施術をされてしまうことがある

コラーゲン注入

価格帯:90,000~200,000円程度

シワを取り除き、肌に弾力を取り戻したい方に向いています。 顔全体のリフトアップというよりも、比較的皮膚が薄いパーツ(目の周りなど)ごとの対策に適しています。

メリット
  • おおげさな手術を行わない
  • 施術時間が10分程度と短い
  • 価格が比較的リーズナブル
デメリット
  • ごくまれにアレルギーを引き起こすことがある
  • 効果の持続期間が短いため、定期的に注入する必要がある

身体に負担なく気軽に受けられるのが注入術の良いところ

注入術に共通しているのは「施術時間やダウンタイムが、他の治療に比べると短い」というメリットです。

効果実感に関しては、すぐ得られるものとそうでないものに分かれますが、あまりにも即効性が高いと、周囲に不審に思われる可能性もあります。

本格的なアンチエイジング施術につきもののデメリットを極力回避したい、また「とりあえずライトな施術から検討したい」という初心者には、注入術がおすすめと言えるかもしれません。

逆に共通のデメリットとして考えられるのは、効果持続の短さ。長くても1年以上経過すると、徐々に施術前の状態へと戻ってしまいます。注入術にこだわっていると、クリニックへ何度も足を運ぶことになり、累計ではかなりの金額を使ってしまう、という事態に発展することもあります。

コストパフォーマンスが気になる人は、別の方法を検討すると良いかもしれません。

価格帯別美容法&美容外科カタログ

30代~50代の女性に聞きました! あなたのお肌悩みは?

おすすめ美容外科厳選リスト

ページ上部へ戻る