• 若返り施術ガイド
  • 価格帯別 美容法&美容外科カタログ
  • お悩み別・若返り事典
  • 種類別 アンチエイジング治療法一覧
  • 美容外科厳選リスト

種類別
アンチエイジング治療法一覧

外科手術(フェイスリフト・ネックリフト)

若返り術のなかでも究極の方法とされる外科手術。メスを入れるのはこわい…と思う方も多いでしょう。しかし、最近では技術の発展で安全性は高まっているようです。切開する範囲を狭めたり、部位を目立たないところに限定したりと、術後の傷跡を目立たないよう工夫もしています。

フェイスリフトやネックリフトなどの
外科手術

美容クリニックでたるみ解消できる施術は多くありますが、中でも究極のたるみ除去法として変わらぬ支持を集めるのが外科手術。こめかみや頬などの皮膚を剥離/切除して縫縮する方法・フェイスリフトや、目の下などたるみの気になる部分を切開して脂肪を取り出す脱脂法などがあります。他の施術のように時間経過で明らかに効力が落ちる、という可能性が低いため、「1回でたるみを解消したい!」という、強い決心を持つ女性に選ばれています。

【お役立ちコンテンツ】

顔・頬のリフトアップの種類や効果

フェイスリフト

価格帯:500,000円~1,000,000円

顔のたるみを全体的に取り除く手術です。皮膚・骨膜下・SMAS筋膜など引き上げる層によって方法が分類され、効果・ダウンタイムに違いが生まれます。また同じ原理で、おでこやこめかみ、首元などの希望する部位のみを切開し、たるみを除去するリフトアップ術(全額リフト・こめかみリフト・ネックリフト)もあります。

メリット
  • 髪に隠れる部位を切開するため、手術跡が目立つ心配がない
  • しわ・たるみ解消効果が半永久的に持続(治療・投薬などのメンテナンスも不要)
  • 一度の治療で完結する
デメリット
  • 目立たないが、薄い傷が残る
  • 1回の料金が高い
  • 個人差によるが、腫れが生じる

ミニリフト

価格帯:300,000円~500,000円

耳の付け根付近を切除して、頬から口元にかけてのたるみを改善する手術。たるみを除去する範囲の広いフェイスリフト(フルフェイスリフト)に対して、「ミニリフト」と呼ばれるそう。こちらも皮膚・骨膜下・SMAS筋膜などを引き上げる方法があります。部分的なしわ・たるみで悩む方にはおすすめの施術です。

メリット
  • 部分的なしわ・たるみを効果的に解消できる
  • 比較的切開する範囲が狭いので、傷跡も目立ちにくい
  • 効果が半永久的に持続(治療・投薬などのメンテナンスも不要)
  • 一度の治療で完結する
デメリット
  • 目立たないが、薄い傷が残る
  • 1回の料金が高い
  • 個人差によるが、腫れが生じる

経結膜脱脂法(下眼瞼脱脂術)

価格帯:200,000円~400,000円

目の下のたるみ・ふくらみを下まぶたの裏側から脂肪を取り除いて、目もとをフラットにする治療方法です。高周波メスや炭酸ガスレーザーなどを用いてまぶたの裏側からアプローチをするため、傷がほとんど目立ちません。眼窩脂肪が突出してできた目袋やクマで悩む方には、おすすめの治療と言えるでしょう。

メリット
  • 皮膚の内側にメスを入れるため、表面に傷跡が残らない
  • 他の切開を伴う手術に比べてダウンタイムが短い
  • 一度の手術で、半永久的な効果が得られる
デメリット
  • 脂肪をとりすぎると、凹んでしまいクマができることも
  • 術後3~4日腫れが生じる場合がある
  • 術後内出血を起こす場合がある

ネックリフト

価格帯:300,000円~600,000円

加齢とともに頬下から顎のラインが首との境目が不明瞭になっている方に効果的な治療法がネックリフト。 首元のたるみや縦ジワを解消する若返り実現に有効な美容整形手術で、耳の後ろ側付近の余分な皮膚を取り除き、皮膚と皮膚の中のたるんだ筋膜を引き上げます。

メリット
  • 首に特化した施術が可能
  • 効果が出れば、5~10歳くらい一気に印象が若返ることも
  • 髪の毛のラインに合わせて切るため傷跡が目立ちにくい
デメリット
  • たるみの改善効果が無い・ひきつれ・傷跡が目立つ
  • 麻酔の影響で顔全体がむくんだり腫れたりする可能性も

こめかみリフト

価格帯:300,000円~600,000円

こめかみ付近の余分な皮膚を取り除き、皮膚と皮膚の中のたるんだ筋膜を引き上げる手術です。加齢に伴って目立ち始める目元のたるみや、まぶたの下垂を改善します。

メリット
  • しわやたるみ改善の効果が高く、持続期間が長い事があげられる
  • 傷口が小さくて済む
  • ほうれい線も同時に改善されることも
デメリット
  • 髪の毛の一部を剃り落とさなければならない場合がある
  • 突っ張った感じの不自然な状態になってしまうことも

ハムラ法

価格帯:300,000円~500,000円

目の下のクマやたるみ治療には、目の下にある眼窩脂肪を取り除く方法がありますが、その脂肪を取り除かないまま、目の下のくぼんだ場所に移動させるのがハムラ法です。眼窩脂肪移行術とも呼びます。

メリット
  • カラダへの負担が軽い
  • 一度の手術で目の下のくぼみを確実に改善することができる
  • 半永久的に効果が持続する
デメリット
  • 切らない手術に比べると負担はある
  • 目立つ傷ができてしまうことも
  • 左右の目に差が出てしまう可能性もある

若返り術の決定版・たるみ解消手術を受けるにあたって

やはり「たるみ改善」効果で手術に勝る方法はありません。マシン施術を100回行ったとしても、1回の手術には及ばないという感想もあるほどです。費用は方法や範囲により大きな変動があるため、 一概に相場をまとめることは難しいのですが、25万円程度~150万円程度まで。とはいえマシン施術に通い続けることと比べたとき、コストパフォーマンスが高い場合もあるのは事実でしょう。

手術の際に最も重視しなければならないのは「担当医師の技術」。未熟な医師の手にかかると、仕上がりの不自然さや傷跡が残るなどのデメリットが併発することになります。クリニックを選ぶ際には、まず評判を調べる。カウンセリングに訪れ症例写真を見たうえで、経験やセンスを確認する。こうした事前調査が必須となります。即日手術はなるべく避け、じっくりと検討を重ねるようにしてください。

価格帯別美容法&美容外科カタログ

30代~50代の女性に聞きました! あなたのお肌悩みは?

おすすめ美容外科厳選リスト

ページ上部へ戻る