• 若返り施術ガイド
  • 価格帯別 美容法&美容外科カタログ
  • お悩み別・若返り事典
  • 種類別 アンチエイジング治療法一覧
  • 美容外科厳選リスト

あなたにピッタリの方法は?
お悩み別若返り事典

まぶたのたるみ

まぶたのたるみ

美容外科が行うまぶたのたるみ治療

まぶたのたるみは、目もとのわかりやすい老化現象のひとつ。顔の筋肉は加齢によりハリを失い、皮膚が垂れ下がってくるものですが、まぶたも例外ではありません。

たるみがひどくなると、せっかくの二重まぶたが見えなくなってしまったり、いつでも眠そうな顔に見えてしまったりと、散々…。症状が軽い場合は、ウィンクなどの筋トレで改善することもありますが、進行してしまうと自己流のケアでは治せなくなります。

そこで、美容クリニックでの施術が必要となります。以下にその代表例を挙げていきますので、ぜひご参考ください。

※まだ若いうちに上まぶたの皮膚がたるんできてしまう場合は「眼瞼下垂」の可能性が考えられます。形成外科で保険適用手術ができるケースもあるので、医師によく確認してみると良いでしょう



まぶたへのヒアルロン酸注入について

平均価格:200,000~400,000円

糸による治療はメスを使わずに高い効果が得られることで、多くの女性から支持を集めています。皮下に糸を挿入することで、気になるたるみを引き上げ られます。近年、シリコン製で伸縮性に富み、アレルギー反応の心配がいらない糸や、時間の経過とともに溶けて身体へ吸収される糸などの登場で、良く知られるようになりました。上まぶたの引き上げを行う場合は、前額の部分に糸を挿入することで、まぶたを含めた目元を引き上げます。円錐状のコーンがついた糸であれば前額にも挿入可能で、湘南美容外科が「3Dリフト」の名称で施術を提供しています。値段は2本で7万5000円程度。まだ導入しているクリニックはあまり多くない施術なので、おすすめです。

マシン施術

価格帯:100,000円前後

高周波や赤外線、そして超音波などの種類があります。まぶたのたるみアプローチする施術として注目されている施術のひとつ。特に人気なのが高周波マシンの「サーマクール」でしょう。顔全体のたるみやシワ改善に使用されることで有名ですが、目元専用のチップを備えている最新機器「サーマクールアイ」には、要注目!「サーマクールアイ」は、通常のサーマクールに比べ熱の発生深度を低くすることが可能。もちろん、コラーゲン繊維の変成による引き締め効果も充分に発揮してくれますよ。施術時間も30分程度で、ダウンタイムもほとんどありません。マシンには導入費がかかるため、クリニックによっては一切設置していない場合もあります。湘南美容外科や高須クリニックなどの有名クリニックであれば対応可能なようです。

外科手術

価格帯:200,000~400,000円

最終手段とも呼ぶべき施術法。ダウンタイムは長くなってしまいますが、その分、加齢に負けない効果が長期間持続するので「まぶたのたるみを失くしたい!」と本気で考える方には、ぜひ検討すべきです。具体的な内容としては、まぶたの皮膚の一部を切り取ることで、たるみを改善していきます。価格相場は、美容クリニックの施術の中で最も高額。高いクリニックだと200万円以上にまで跳ね上がることもあるのだとか。しかし、上まぶたに限定すれば範囲も狭くなり、20~40万円以内におさえることも可能です。現在は、ほとんどの美容クリニックで、上まぶたのたるみ改善手術を受けることが可能です。

価格帯別 美容法&美容外科カタログ

まぶたのたるみを美容クリニックで改善した人たちの声

年齢と共に垂れ下がってくるまぶたを見て、何とかしなくてはと考えていました。
ネットなどで情報を調べ、目元の治療で評判がよかったクリニックで手術を受けました。術後5日くらいは腫れと赤みが出ましたが、徐々に引いていきました。
落ち着いてみると、あれほど重たかった上まぶたのたるみはすっかり解消され、二重がくっきりと浮き上がりました。大げさではなく、目が本当に2倍になったんです。
ここ数年、腫れぼったい目がコンプレックスで仕方なかったのですが、今はスッキリ!とても前向きな気持ちになることができて、毎日が楽しいです。

昔は二重まぶただったのに、今ではまぶたが下がってきて、一重にしか見えなくなるように。表情もぼんやりして見えるので、とても嫌で嫌で毎日悩んでいました。
美容クリニックに相談したところ、眉毛の下を切って上まぶたのたるみを取る方法を提案されました。
手術は成功し、腫れなどのダウンタイムも少なく済みました。傷跡は眉毛の下にあるので、気づかれることはほとんどありません。
元々あった二重の幅や、形などはなるべく変えないで欲しいと伝えたところ、希望通りに仕上げてくださいました。腕の良い先生にお任せできて、本当にラッキーだったと思っています。

もうすぐ50代なので仕方ないのかもしれませんが、年々下がっているような気がする、まぶたのたるみが悩みの種でした。
そこで30万円をかけて眉下切開法を受けることに。カウンセリングの際に、医師から細やかな説明を受け、ダウンタイムなどについても納得したうえで臨んだので、術中術後に慌てるようなことはありませんでした。
数ヶ月が経過した今、まぶたのたるみが改善され、目が少し大きくなった気がします。驚いたことに、まぶたのたるみを除去したせいなのか、額のシワまでかなり改善されたのです。これはうれしい相乗効果でした。最近では友人に「何だか表情が明るくなったみたい」と言われ、内心とても喜んでいます。

たるみのせいで目が開けづらくなり、まぶたが重く感じるようになりました。クリニックにカウンセリングを受けに行ったところ、手術を提案されました。
まぶたに傷が残ることが一番不安だったのですが、思ったほど目立たず、もっと早くやればよかったと思ったほどです。
今ではたるみはすっかり改善され、目が開けやすいです。お陰で頭痛や肩こりもなくなり、身体全体がラクになったとさえ思っています。

価格帯別美容法&美容外科カタログ

30代~50代の女性に聞きました! あなたのお肌悩みは?

おすすめ美容外科厳選リスト

ページ上部へ戻る